妊娠前から鉄と葉酸サプリを摂っておく

子供が欲しいと、思う時から健康な身体作りをする必要が出てきます。
妊娠すると、胎児は発育のために母親の身体から栄養補給をします。
そのためにも、栄養バランスがいい食事をすることが基本になります。
そうして、栄養が不足がちになる場合は、サプリなどで補うことも大切です。
まず、鉄は、血液の大切な成分となるミネラルで、体内に酸素を運ぶ役目をして妊娠中は普段よりも多くの鉄の量が必要です。
厚生省の推奨では、妊娠初期で8.5~9.0mg/日、妊娠中期・末期で21.0~21.5mg/日と後期になるほど増えていきます。
そのために、食事だけでは賄うことが難しいです。
その次に、女性に大切なものと言われているのが葉酸です。
今は、さまざまな葉酸サプリメントが販売されています。
葉酸サプリの効能は、赤ちゃんの成育に欠かせないビタミン群が多く含まれます。
特に妊娠してからは、一般の女性と比べても2倍以上の量を摂るように推奨してます。
この、二大成分である鉄が一緒に含まれている葉酸サプリの販売もあります。
これなら、不足しがちな成分を一度に合わせて摂ることができ簡単です。
この二大成分に、後ビタミンCを合わせるとさらに、効果がアップします。

葉酸サプリのとりすぎには注意

ここ最近注目されている葉酸サプリですが、まず葉酸はビタミンの一種であり、とくに妊婦の方の栄養補給や不眠症の方の睡眠改善などで話題となっています。
しかしながら、なんでも過ぎるとよくないもので、葉酸サプリのとりすぎも体によいものではありません。
葉酸は、厚生労働省によって1日の上限量を1000マイクロ・グラムと定めています。
これは、食事から摂取できる葉酸と、サプリ等で摂取した葉酸を合わせた数値ですので、一日1000マイクロ・グラムを葉酸サプリで摂取していいというわけではありませんので気をつけましょう。
国立健康・栄養研究所によると、葉酸をとりすぎた場合には、発熱やじんましんなどを起こす危険があるとされています。
また、妊婦の方でいらっしゃるならば、生まれた子どもがぜんそくになったりするリスクが報告されています。
葉酸サプリを毎日飲んでいる、またこれから始めてみようと思っている方は、まず自身で飲むサプリが一粒でどれだけの葉酸を摂取できるか葉酸含有量表示で確認し、一日に摂取する量を調整できるようにしましょう。
あくまでサプリは食事の補助的なものですので、食事のメニューからその日飲むサプリの量を決め、上限量を守ることが大事です。

メトトレキサート治療中は葉酸サプリの摂取に注意

葉酸はビタミンの一種で、タンパク質や核酸の合成に関わる酵素の機能を促進させる働きがあります。腸や口の中の粘膜のように細胞の新陳代謝が活発な細胞では、丈夫な粘膜を作るために必要です。また、正常な赤血球の合成には不可欠で、不足すると悪性貧血になることがあります。妊娠中、胎児の体が作られる時期には欠かせない栄養素です。これらのことから、葉酸サプリは健康保持のために注目されています。
しかし、葉酸サプリを摂ることに注意が必要な方がいます。それはリウマチ治療薬のメトトレキサートを飲んでいる方です。メトトレキサートは、炎症のせいで骨が破壊されることを抑える作用があるので、関節リウマチの発症初期から使うことが推奨されている薬剤です。メトトレキサートは、葉酸が代謝されるのを阻害されることで治療効果を発揮します。治療中にそのため葉酸サプリを摂ると治療効果に影響が出る恐れがあります。また、メトトレキサートの副作用を抑えるために葉酸を含んだ薬剤が処方されることもあり、この場合に葉酸サプリを飲んでいると葉酸の摂りすぎになる恐れがあります。
リウマチ治療を受けている方は葉酸サプリを摂る前に、医師に相談することが必要です。

葉酸サプリはいつ飲むのが良いか

葉酸は妊娠中の女性や妊娠を希望している女性には必要な成分で、赤ちゃんの先天性奇形などの予防ができると言われています。葉酸はその他にも、貧血を予防したり疲れを取り除いたり、心臓病の予防効果などがあるといわれ積極的に取りたい成分の1つです。葉酸は葉物野菜や緑黄色野菜、レバーなどに多く含まれていて食事でもとることができますが、水溶性で壊れやすい性質があるため調理の際に損なわれてしまっていることが多いです。そのため葉酸サプリなどを利用して取るのが良いです。葉酸サプリは薬ではないので、いつ飲むのがいいと決まりはありませんが、胃壁を荒らす原因になるといけませんから空腹時は避けるようにしましょう。葉酸サプリの説明書きなどにいつ飲むと言う指示がない限りは、食後30分以内が一般的なサプリの飲み方です。葉酸サプリを飲むときにはお茶やコーヒーなどで飲むことは厳禁です。栄養素が、カフェインやタンニンなどと結合してしまうことで吸収を悪くしてしまいますので、コップ1杯程度の水で飲むようにすると良いでしょう。また、妊婦さんなどは食欲不振なときもあるかもしれませんが、サプリメントは食べ物と同時に吸収されるので、少しでも食事をとって食後に飲むほうが吸収効果が高まります。

知っておきたい葉酸サプリの効果

葉酸は人体に欠かせない栄養素の1つであり、とりわけ、赤ちゃんのDNA形成に必要な栄養素であることから、妊娠を計画している女性や、妊娠中・授乳中の女性に対しての積極的摂取が推奨されています。
葉酸の効果として、神経管閉鎖障害発症のリスクを低減する効果があるためです。
母子手帳にも葉酸に関する情報が記載されているほどです。
健康な赤ちゃんを授かる為には葉酸を摂取しましょう、ということです。
必要な摂取量として、厚生労働省は、1日あたり400マイクログラムの量を摂取することを推奨しています。
栄養素として葉酸を含んでいる食品に、うなぎやレバー、緑黄色野菜などがあり、食事から1日に必要な摂取量の葉酸を摂ることは可能と言われています。
ですが、健康な赤ちゃんを産む為に、妊娠を計画している女性や、妊娠中の女性は意識的に摂取する必要があります。
しかし、妊娠中に食べ過ぎる訳にもいきません。
そんな時に効果的なのが葉酸サプリです。
サプリメントであれば、食べ過ぎを気にせずにいいですし、どこでも場所を選ばずに摂取することが可能です。
そういった効果もあり、葉酸サプリから葉酸を摂取することが、お手軽で便利です。
妊娠を考えている人や、現在そうであるという人は、1度医師に相談の上、葉酸サプリを摂取することをおすすめします。

葉酸サプリの正しい摂取量とは

葉酸はビタミンB群のうちのひとつで、水溶性のビタミンであり人間の体に必要な栄養素の一つです。
そして、葉酸の効能は、胎児の先天性奇形の予防や心臓病の予防効果や貧血の予防、母乳の出を良くするなどですので、特に妊娠中や妊娠前から積極的に補うことを推奨しています。
まず、葉酸の推奨している摂取量として言われているのが、成人で240μgとしています。
上限は、葉酸サプリで補うことプラスして1000μgを摂取量では目安としています。
しかし、妊娠初期の女性は普段の食事だけで葉酸を摂取を目指しても、つわりがあったりホルモンバランスも壊れるため、推奨量にすら達していないのが統計上分かっています。

ですから、妊娠初期から妊娠中の女性は葉酸サプリを使って葉酸を効率的に補給することが重要です。

葉酸サプリで摂取した時に、葉酸の摂り過ぎで亜鉛の吸収率の低下を招いたり、ビタミンB12の不足になっていることが見つかりづらくなることが起きる場合もあります。
しかし、病的に過剰症になる心配はないとは言っても、正しい摂取量の目安を目指して摂るように注意しましょう。

尚、持病がある方は、主治医に相談してから葉酸サプリの検討を行うのが無難です。

葉酸サプリの危険性について

「おめでたですよ」と言われ、マタニティー雑誌を買うと「葉酸」という言葉がたくさん出てきます。

葉酸はホウレンソウから発見されたビタミンB郡に属するビタミンです。
細胞の分化には必要不可欠な栄養素なので、妊娠初期には十分な摂取が必要です。

厚労省は赤ちゃんの先天性疾患で二分脊椎や無脳症となる神経間閉鎖障害(NTD)のリスク軽減のためには、普段の食事以外に葉酸サプリなどで、葉酸を1日400μg摂ることを推奨しています。(ただし一日の葉酸摂取の上限は1000μgとしています。)

しかしこれにはいくつかの問題点も指摘されています。

1つ目は、レバー100gで800~1000μgの葉酸が取れます。レバーを食べて葉酸サプリを飲めば過剰摂取の危険性があります。また、平成10年のある調査では妊娠していない20~30代女性の一日の平均葉酸摂取量は300~310μgで推奨量の240μgを上回っています。
葉酸サプリの中には1日量が厚労省の推奨量400μgの商品もあり、過剰摂取の危険性が指摘されています。

2つ目はNTDの原因は、染色体異常や遺伝子の突然変異、環境因子など多くの因子が複合的に絡み合っていて、葉酸欠乏がすべてではない、という問題です。

3つ目は神経管の形成は妊娠6週目には完成しますので、妊娠が判明してから葉酸サプリを飲んでも遅いと言う問題点です。
葉酸は普通の食事をしていれば、不足することはまずありません。
妊娠前から中高生の頃から子どもの頃から、バランスの取れた食事をすることが大切なのです。

また、サプリメントの多くが粗悪品だという医師も多いです。サプリを購入する際は主治医と相談するのが賢明です。

葉酸サプリはいつから飲めば良いのか

妊娠を希望している人は「葉酸サプリ」という言葉をよく耳にするかもしれません。
あるいは、すでに摂取している人もいるでしょう。
それは、葉酸を摂ると妊娠しやすくなると言われているからです。
また、葉酸は妊娠初期に無くてはならない大切なもので、これが不足していると神経管閉鎖の障害を引き起こすかも知れないと言われています。
では、いったいいつから摂れば良いのでしょうか。
実はそう思った時から始めたほうが良いのです。
葉酸は緑の葉の部分に含まれます。例えば、ほうれん草、レタス、春菊、ブロッコリーなどがそうで、イチゴやさつまいも、納豆などにも含まれています。
しかし、毎日十分な葉酸を摂ることは難しく、そこで葉酸サプリがすすめられるようになりました。
妊娠してから葉酸サプリを摂取するのではなく、思い立った時から飲み始めるのが良いのですが、もう少し範囲を狭めた場合にいつから飲めば良いのかと言うと、妊娠1ヶ月以上前から3ヶ月の間と言われています。ただ、それ以降は摂取しなくても良いかというとそうではなく、摂取量を減らしても続けていくと良いとされています。
日頃から栄養のバランスを考えた食事を心がけることが大切ですが、その補助として葉酸サプリに頼るのも元気な赤ちゃんが生まれてくる手助けのひとつとなるでしょう。

葉酸サプリメントを飲む時期

葉酸サプリは、成人の男女にとって効果の高い栄養保護食品です。成人の中でも特に、妊娠を希望している女性や妊婦や授乳者にとって、このサプリメントを必要としています。これらの中でもとりわけ葉酸サプリを必要としているのは、妊娠を希望している女性です。その理由は、受胎後10週間までの間に、葉酸が効果的に働くからです。神経管閉鎖障害のリスクを減らすために、この時期に母親は葉酸が必要です。

葉酸サプリは、妊娠を考え始める時期から飲む必要があります。妊娠したあとも葉酸サプリの必要性は続き着ます。胎児が育つ間に、葉酸は重要な役割を果たします。葉酸は、細胞分裂のときに利用されます。また、出産後に授乳をしているときは、葉酸サプリの摂取が必要です。妊娠をする前や妊娠中と比べると、葉酸の必要な量は少ないです。しかし、葉酸はその後もずっと必要な栄養素です。母体を通して赤ん坊は栄養を受け取るため、母体が十分に栄養を摂取している必要があります。

葉酸サプリを利用することで、体に栄養を簡単に取り入れることができます。葉酸サプリは飲みやすい小粒です。妊婦や女性だけでなく、全ての美容や健康に気を使う人が手軽に利用することができます。